フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

切花の水揚げと管理について!リンドウを育てよう♪

切花の水揚げと管理について!リンドウを育てよう♪

リンドウと言うと、皆さん秋の花とイメージするかもしれませんが、切花の出回り時期は6月~11月。

夏に最盛期を迎える切花なのです。夏のお盆、秋のお彼岸では、かかせないお花です。

リンドウの品種

現在、数多くの品種が出回っているリンドウ。

リンドウには、

・つぼみのまま開花しないタイプ

・花が開花するタイプ

があるのはご存知でしょうか?

切花として流通しているリンドウは、日本に昔から自生していた「エゾリンドウ群」と「ササリンドウ群」が交配親になっています。

咲くリンドウ と 咲かないリンドウは、この二つの親リンドウの違いにあるといわれています。

リンドウの特徴

・エゾリンドウの特徴

北海道に自生するエゾリンドウ群は、長く伸びた茎に沢山の花をつけ、開花が早いため 切花には最適なタイプ。切花向け品種の交配親として古くから品種改良に使われてきました。

8月頃から出荷が始まり、秋の花としてお盆にお彼岸にと、大活躍な早生リンドウです。

一般的な、咲かないリンドウ です。

代表品種 「 安代の秋 」・ササリンドウの特徴北海道をのぞく日本全土の山に自生しています。

開花時期

開花期は9~10月と遅いですが、花弁がクルンと反り返るように開花するのが特徴。現在流通している、晩生の花弁が開くタイプのリンドウは、このササリンドウを親にもつ品種群です。
ササリンドウ系品種は、咲くリンドウ として根強い人気があります!
代表品種 「 晩生ジパング 」

切花の管理方法

受粉すると花が早く終わってしまい、エチレンガスを出して他の花にまで影響するので、花の色が茶色く変色しているものは早めに取り除く。
花の中に蜜や水がたまっている場合は、軽く振ると取り除くことができます。あまり強く振ると、折れたり衝撃で受粉してしまうことがあるので注意しましょう。
おすすめの水揚げ方法は、水切りか水折りです。品質保持剤を使うと、花もちがよくなりますので、おすすめです。
以上、「 切花の水揚げと管理 ~リンドウ ~ 」最後までご覧いただき、ありがとうございます。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)