葉が枯れる原因は?ユリオプスデージーの育て方

葉が枯れる原因は?ユリオプスデージーの育て方

基本情報

科目:キク科ユリオプス属
別名:ユリオプスデイジー
原産地:南アフリカ

ユリオプスデージーの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くユリオプスデージーですが、こちらは11〜5月の長期期間花を咲かせてくれる常緑性のお花です。草丈は90〜100センチと 背が高く、年を経るにつれて茎が逞しく丈夫になっていき樹木のような力強さが出てきます。また、葉は羽根のような形に深く切れ込みが入ったような姿で、表面には白色のふわふわとした毛が密生しておりシルバーに輝きます。花径は3〜5センチと草丈に比べてすこし控えめな大きさで、花茎を15センチ程伸ばして先端に濁りの無い黄の花を付けます。また、日本に普及したての頃は鉢花として愛されていましたが、寒さにも強く株も剛健ですので生垣にも利用することができます。花言葉としては、「明るい愛」「円満な関係」「清楚」といった意味があります。元気よく背を伸ばしぱっと明るく咲く草姿に似つかわしい健やかな花言葉ですね。

ユリオプスデージーの上手な育て方

育て方としては非常に易しく、園芸初心者の方でも気軽に楽しんでいただけるお花です。毎日のお手入れとして、芽先の摘み取りを小さいうちにやっておくことが大切になってきます。ユリオプスデージーは枝分かれしにくい植物ですので小さいうちにワキ芽を伸ばすことによってバランスの良い草姿に成長させることができます。また、大きくなった株は花が花付きが悪くなりますので花後に全体の1/2くらいを目安に切戻しを行いましょう。置き場所としては、日の良く当たる場所に置くと良いですね。ただ、真夏の直射日光は株を弱める原因になりますので鉢植えは午後から日陰になるような場所に移動します。また、コンクリートの上に直置きしますと温度が鉄板のようにあつくなりますので注意が必要です。水遣りとしては、乾燥気味に保つ事が大切になってきますので、土の表面が乾いたことを確認してから与えるようにしましょう。また、ユリオプスデージーはもともと草丈が伸びやすいので、肥料を与えすぎると景観を乱すような背の高さにもなりかねませんね。

ユリオプスデージーに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、ガーデンシクラメンなどの背丈が小さく花穂のしっかりしたお花ですとユリオプスデージーの花びらのやわさや特徴的な葉のシルバーの輝きが目立って豪華な花壇を作れるのでは無いでしょうか。また、ガーデンシクラメンの開花期はユリオプスデージーとよく似ていますのでより手軽に寄せ植えが楽しめますね。

まとめ

今回はユリオプスデージーについてまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。執筆者としては、ユリオプスデージーはマーガレットと似た親近感や寄り添ってくれる花という印象が強く、大変心にもお庭にも馴染みやすいお花です。また、冬に咲かせてくれる花としてはその明るく温かみのある黄色の花穂は大変温もりを感じ、冬を彩る花壇として重宝していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。また、年を重ねるごとに木質化していく茎は他の花とは違った魅力を感じます。ユリオプスデージーはそういった点でも人に温かみのある優しさで咲いてくれますし、園芸初心者の方やこれから園芸を始めようと考えていらっしゃる方にお勧めしたいお花でもありますので、皆様もこれから育ててみては如何ですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)