フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

あじさいの開花時期・花言葉・エピソードについて

あじさいの開花時期・花言葉・エピソードについて

「あじさい」の基本情報

一般名 あじさい
学名 Hydrangea macrophylla
科名 ユキノシタ科
属名 アジサイ属
原産地 日本
草丈 1~2m
花径 10~20cm
開花時期 6~7月

「あじさい」の説明

アジサイの花は、外側に花びら状に咲く装飾花と、内側につく小さい両性花で成り立ち、目立つのは装飾花の部分です。
別名「ガクバナ」「ガクソウ」といいます。「アジサイ」は、日本原産の「ガクアジサイ」を観賞用として品種改良された総称です。初夏から梅雨時期の風物詩となっており、東北地方よりも南に生息します。花の色は、白色、桃色、青色、水色、紫色など色とりどりで、開花時は薄い色ですが、次第に濃い色に変化していきます。

「あじさい」の花言葉

  • 耐える愛
  • うつろい
  • 冷たい美
  • 辛抱強い

「あじさい」の花言葉の由来

昔、あじさいの事を「アズサイ」と呼んでいました。「アズ」→集まる、「サイ」→真藍の意味をあらわしています。
あじさいの特徴に「開花の時は薄い色をし、次第に濃い色に変化する」とあります。これは、育つ土の状態で色が変化します。土壌が酸性で、アルミニウムが入っていれば花の色はピンクからブルーへかわります。これは「うつろい」の花言葉に結びつくでしょう。また、「冷たい」と感じさせるのは、花の色の様子からのようです。「辛抱強い」とは、花の咲く時期が長いことからきているようです。

「あじさい」にまつわるエピソード

「こんな咲き方もわるくない」という、詩人家・サトウハチローさんの詩をしっていますか?現在多く見られる観賞用の華やかなあじさいとはちがい、「山あじさい」が題材になっています。

「山あじさいはぽっつりと 山の谷間に咲いている
淡い色して咲いている ただぽっつりと咲いている こんな咲き方もわるくない
山あじさいはひっそりと 風にゆられて咲いている 何もおもわず咲いている
ただひっそりと咲いている こんな咲きかたもわるくない」

同じあじさいでも、初夏の頃に山の谷あいに咲く地味な花です。ひっそりとぽっつりと咲く情景、その地味さの中にも、「したたかさや強さ」があり、なんだか人間の姿と重なりませんか?色んなあじさいがあるけれど、それぞれに魅力を感じさせる花のような気がします。

もう一つのエピソード

毎年5月末~6月中旬にかけて、九州の長崎では「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」が開催されています。
オランダ商館医であったシーボルトが愛したあじさいの花を、長崎で出会った運命の女性「お滝さん」の名前からとって「オタクサ」としてヨーロッパに紹介したと伝えられています。オランダ医学(蘭学)を日本人に教授する傍ら、日本を調査するという密命も持っており、持ち出し禁止である日本地図や植物を手にしていったシーボルト。しかし、禁制品が見つかるとシーボルトは国外通報され二人は離れ離れになってしまったと言われるお話は有名でしょう。なんだか、とっても切ないですね。そんなエピソードを持つあじさいを長崎の街中で観ることができます。
長崎市の花であるあじさい。「和・華・蘭」の文化の混じった異国情緒あふれる長崎にとっても似合う花なんだと思います。雨にしとしとと降られ、だけど華やかさを増すあじさいに、強さと元気をもらっているように感じます。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)