花器を選ぼう

花器を選ぼう

花にいろいろな種類があるように、それを挿す花器の種類もたくさんあります。花器があって初めて花を生けることができます。また、置く場所や用途によっても花器のチョイスは変わってくるので、飾る場所の周りのインテリアを参考にした方が良いでしょう。あなたのイメージする作品を作るために、よく考えて選びましょう!

style #99cc00;”>素材

花器の素材には、ガラス製や陶器製、金属製などいろいろあります。挿す花に色味があるので、派手な花器よりも style #ff0000;”>シンプルな花器の方が花が映えます。なので、個性が強いデザインの花器を選ぶ場合、挿す花が限定されてしまうことを理解しておきましょう。

style #99cc00;”>色

ガラスのように透明で透き通った色や style #999999;”>白、 style #ffcc99;”>ベージュ、 style #33cccc;”>水色など、シンプルな色が適しています。

style #99cc00;”>形

口の広さは10~15cmくらい。口が広すぎると花が不安定で落ち着かなかったり、逆に口が狭すぎると花が入らないということになります。高さは口の広さの2倍くらいのものが使いやすいのでオススメです。

 

style #008080;”>身近なものが花器に大変身

変な偏見に縛られて、「上等な花器じゃないとダメ」なんてこと、思わなくて大丈夫です。花器は家にあるものでだって代用できます。 style #ff0000;”>ただ、材質によっては水漏れしてしまうことがありますので、中に水漏れしないための容器をセットしておいてください。

代用品その① style #008080;”>空き瓶

家でついつい捨てずに置いているジャムや調味料の瓶を花器に使いましょう。お気に入りの、表におしゃれなラベルが貼ってあるものはそのまま使えます。瓶に自分でおしゃれにデコレーションしてみるのも良いですね。

代用品その② style #008080;”>ホウロウのポット

見た目がカラフルでかわいいものが多いですよね。もし使わなくなったポットがあったら、花器に再利用してみましょう。ポット自体がカラフルなので、挿す花はシンプルなものが映えます。

style #333333;”>代用品その③ style #008080;”>植木鉢

植木鉢独特の土の優しい材質がフラワーアレンジメントにピッタリです。温かみのある作品に仕上がります。使うときは水漏れを防ぐためにコップなどを中に入れておきましょう。

代用品その④ style #008080;”>食器

サラダボウルやお椀、コップなどは花器に利用できます。食器が傷つきやすい材質で気になるときは、吸水性フォームを中に入れて使いましょう。

代用品その⑤ style #008080;”>カゴ

カゴも素材の色味が優しいので、自然体な雰囲気が花とよく合います。小さなカゴで作ると可愛らしい雰囲気になります。

代用品その⑥ style #008080;”>箱

「プレゼントでもらったときに入っていた箱。ギフト用でデザインも可愛いからとっておいたんだけど使うことないなぁ……」って余っている箱ありませんか?せっかく可愛いのにもったいない!!空き箱や空き缶を花器に上手く活用しましょう。

※ style #ff0000;”>代用品の種類によっては水漏れしてしまう可能性があるので、中に水漏れしないための容器を必ずセットしましょう。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)